無痛治療

あけた口

歯は一生付き合ってもらわなければいけない大切なものの一つですが、どうしてか、他の機能に比べて損失しやすいものであったりするのです。虫歯や歯周病などはあまりにも身近になりすぎて、これになっても病気だという認識はほとんどなく、しかも人によっては痛みを我慢して意地でも歯科医に行かないという人さえいるのです。どうしてそんなことになるのかといえば、主に子供の頃のトラウマから歯科医は怖いものとして意識されていて、避けてしまう傾向にあるのです。最もこれは間違いで、今の虫歯の治療は痛みなど殆どありませんし、人によって苦手な音もしないというか、そもそも削ることさえしないこともあるのです。 歯科医は進歩してきています、怖がらず何かあったらすぐ行くことが歯を守るために必要なことなのです。

さらに歯の健康を守るためにはセルフケアを徹底すること、さらには定期的に歯科検診を受けることが大事となってくるのです。虫歯でも歯周病でも初期の頃に見付けて治療をすれば痛みはなく、治療が長引くこともなければ治療費だって安く済むのです。反対にいつまでも放っておくと神経まで傷ついてしまい、結果的には大規模な治療を行わなければいけなくなり、治療費もかなりかかってしまうのです。そのために多少の時間がとられたとしても定期的に健診を受けるのがよく、怖い、面倒という固定概念はそろそろ捨てた方がいいのです。 自分の歯を守るのは結局は自分自身であり、定期的な歯科検診を受けること、ちゃんとしたセルフケアをすることでリスクは減らせますし、それが結果として自分の得になるのです。